フィリピン留学する時のエージェントの存在

geralt / Pixabay

まずは学校選び。でも学校多すぎですよね。7,8年前から格安のフィリピン留学が大きく流行りだしたと思うのですが、年々学校もエージェント(代理店)も増えてます…^^;
フィリピンへの留学なら
費用を抑えて英語力アップ!セブ留学

スポンサーリンク

留学に関する相談料をとるなんて論外

無料受付、無料相談、無料の資料請求とよく書かれてますが当たり前です。連絡先ももちろんフリーダイヤルの会社にしましょう。こんな部分にお金を請求するようなエージェントは無視でOK。

複数のエージェントに資料請求と見積依頼を出す

同じ学校でもエージェントによって値段が異なる場合があります。ある程度目的がハッキリしていれば、あとは値段との相談になるので、複数に連絡して見積もりをもらうといいでしょう。
「他のエージェントにも問い合わせたりしてるんですか?」と聞かれれば堂々とハイと答えていいです。学校側から20%前後のコミッションを受け取っているので数千円くらい安くしてくれるかも。

老舗のエージェント?

学校はともかく、エージェントがいつ開業したかなんてどうでもいいです。担当者自体はコロコロ変わってます。羽振りの良いビジネスとしてどんどん参入してる業界なので、「対応が早くて丁寧、安い」これだけがポイント。

niekverlaan / Pixabay

学校の目星がついたらブログを探せ!

信用できるのはリアルな感想を書いたブログ。エージェントのHPにある「留学生の声」じゃなくて、行ってきた人・滞在中の人の生ブログです。留学サイトの感想なんて基本的に悪くは書けません。部屋や食事、授業の様子などを書いてるブログを探しましょう。

相談は半分聞き流せ

右も左も分からない場合、聞きたいことってたくさんありますよね。自分と授業のレベル、環境、人間関係、そもそもレベルアップ出来るのか……エージェントはそれ相応な事を答えてくれますが、彼らはその学校の生徒だったわけではありません。フィリピン留学経験者だとしても1~2校知ってるだけで、あとは見学して現地マネージャーとの会話で印象を語ってるだけです。ビジネスなので契約したいのは当然。
そもそも留学経験もないような人だって働いてます。

学校への不安、レベルの不安は自分次第

これは仕方ないです。立地、設備、金額はエージェントやブログを参考にし、あとは自分次第です。
生徒も先生も次々と変わるので生活環境も勉強環境も常に変わるということ。
真夏なら停電もゴキブリも多いし、同期やシェアルームの相手次第で生活も変わります。食事がワンパターンで気が滅入ってきます。

Unsplash / Pixabay

自分がどう感じて、どうやって処理していくかという問題なので、エージェントの「大丈夫ですよ!」というコトバは流しましょう。だいたいの生徒がエージェントに不満を持ってますが、あくまで出発前の事務手続きをするだけの関係です。
エージェントは何の責任もとりません。入学後なんて他人です。個人で手厚いサポートをしてくれるエージェントもいますが、その場合学校が限られてしまいます。

決め手は大事だけど、本当のスタートは入学してから。

私からは、行った人の個人ブログをとことん検索する、がオススメです
学校で生徒の世話をしているマネージャーのブログなんて全く参考になりません。良いことしか書きませんからね(゜゜)
現地で不快な思いをしないためには、深く信頼しない方がいいってことです。入学前に数回やりとりするだけと思って割り切りましょう。
残念な考え方かもしれませんが、本当に大切なのは現地での経験や仲間作り、そして英語力アップという目的があります。

右も左も分からない入り口で迷っている時は全てが不安ですよね。だからエージェントに頼って信用したいものです。
でもね、ビジネス面でいえば、この状況の人たちはカモなんですよ。すべてのエージェントがだらしないわけじゃありませんが、社会経験も留学体験も知識も少ない人が占めてるビジネスだと感じました。それでも運営できてるのは学生にはそこまで実態を読めないからでしょう。
普通に手続きが進めば問題も起こりません。あくまで間接的な事務を行う存在ということを前提に付き合いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『フィリピン留学する時のエージェントの存在』へのコメント

  1. ハロハロ 名前:ハロハロ 投稿日:2015/02/18(水) 10:35:16 ID:2398ae5d4 返信

    testです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)