留学中に見たフィリピン人講師のこと、生徒の不満

ph-31

一概に決め付けるわけではありませんが、フィリピン人講師について、⊂ⅰPのネイティブ講師やアメリカ・カナダ・ニュージーランドで見た多国の講師と比較して書かせてもらいます。

日本で見るフィリピン人…とくに女性はちょっと印象が悪いかもしれませんが、現地のフィリピン人に共通すること。

スポンサーリンク

とにかく明るい!元気!!

めちゃくちゃ陽気です。ハイテンションです。
言い換えると、うるさいです。疲れます(笑
ネガティブで真面目すぎる日本人にはちょうどいいのかもしれません。緊張もほぐれますし。
ローカルの人も本当に明るくて気さくです。

ph-32
生徒の年齢に関係なく、元気いっぱいに体当たりされる感じです。生徒の様子見て対応も変えてるようですが、大学生などは乗ってしまうので自分に喝をいれないと授業になりません。

高い確率でオネエキャラがいる

人口の1割以上がゲイという統計がありますが、それに加えて単純に振る舞いや話し方がオネエという人が多いです。(妻子がいる)
この人たちのキャラは、他のフィリピン人よりさらにハイテンションです。。が、わたし個人は好きです(^^ゞ 受け付けなくて先生を変えてしまう人もいます。

鏡ばっかり見てる

教師というだけで現地では立派な職のある位置になるので、町で見かけるフィリピン人より服装や化粧が奇抜です。ナチュラルな日本人から見ると、ケバい。先生によっては香水くさい。ずっと髪いじってる。

男性も同じく、髪ばっかりいじってるイメージ。
とにかく女性は異常なほどメイクに(自分に?)関心がある様子。授業中でもいじってます。

フィリピンの教育制度

フィリピンは2012年から基礎教育が12年(初等教育6年,中等教育6年)になりました。
それまでは10年で終わり、16歳から社会人でした。大学へ行っても20歳です。英語教師になる専門学校へ行けば18歳から働いています。

つまりー、日本人と育つ環境は違いますが、かなり未熟な人が教師という資格をもってるだけの状態。
⊂ⅰPにも19~20歳の先生が多かったです。

休憩時間の様子を見てると、大声で騒いでるのはいつもフィリピン人。どっちが先生か生徒か分からない雰囲気。

講師の差

⊂ⅰPの場合、フィリピン講師はIELTS・TOEICとその他に別れています。当然、資格コースの先生は優秀で教え方も分かりやすい。しかし一般コースを受講すると彼らを選択することは出来ません。

運良く資格コースの先生が空いていると自分の担当に充てられることもありますが、滅多にないですね…

一般コース講師のレベルは様々。教師歴が長い先生、アメリカ人ハーフの先生などはアタリですが、3割くらいは悪評多い感じでしたね。
とくに夏休みは生徒数が増えるため、“短期募集”で雇われてる先生がたくさんいます。評判が良ければ延長されるのかもしれませんが、講師としても馴染んでいないので質の良い授業は期待できないかも。

もちろん小規模の学校や、資格コースがない場合には講師レベルの差も小さいです。

入れ替わりが激しい

これは先生、そして学校の内情によるもので見分けが付きません。が、たぶん給料に不満で辞めるのでしょう。学校側のフォローや管理体制がしっかりしている学校は先生も変わらないだろうし。

わたしはフィリピン講師の授業は1コマだけでしたが、3ヶ月で3回先生が変わりました。すべて講師側の退職によるものです。フィリピン人講師とは全く馴染めずに終わった…おかげで4人目の先生に信用がなかったです笑
そのうち3人は急な退職で、学校側も把握してなくてフェードアウトした感じ。

s-フィリピン体験記

先生の良し悪し

これは個人の性格、目的、レベルによって評価が分かれます。スパルタの学校は先生側も気を張ってるので日常会話がない学校もあります。私だけでなく周囲から聞いた話も含めて実際の問題;

  1. 生徒が問題を解いてる最中に他の講師とお喋り、スマホをいじる、化粧が始まる、お菓子を食べる
  2. 1か月過ぎると態度が急変(cipは1ヶ月続くとボーナスがもらえる)
  3. 現地の英英辞書を買わされた(電子辞書が気に入らない)
  4. 戦争の話と、フィリピンが巻き込まれたことに無知な日本人に説教
  5. 彼氏・彼女の話に異常に飛びつく
  6. 下ネタ大好き
  7. 金の話、日本へのイヤミ
  8. 食事へ行こうと誘い、金を払わせる
  9. 好みの生徒(異性)への誘い
  10. カネ以外の日本文化や社会への興味は薄い
  11. テキストに沿った授業しかできない
  12. 訛りの強いフィリピン英語の強制(→初心者に)
  13. 知らない単語・表現・社会知識が多い

生徒が一番嫌がってたのは7.金の話です。日本ではお金の話はタブーという暗黙のルールもあるし、仲が良くても細かく突っ込んだ話はしませんよね。

フィリピン講師の給料は信じられないほど安いし、それを聞いて驚くことで日本へのイヤミが始まります。日本はとにかく裕福という強い思い込みもあります。日本人ってみっともないほど「カネがない」「時間がない」を口癖にしてるので、安易に口にしないことです。

わたしの場合は、金があったらフィリピンなんかに来ないとバッサリ言って終わりにします^^;
ヘラヘラ喋ると、ずっとネチネチ言われますよ。したくない話は真顔で強く言い切ること。

11~13の問題が厄介なので、次回にします。

わたしが見たフィリピン人

ph-30あくまで私が感じた一例ですが、同意見の生徒は多かったです。大きな問題にはなりませんが、生徒それぞれが悩んでました。とくに日本人は我慢してしまうので…
とにかく共通するのは「明るい」ってことかなー。このフレンドリーで無邪気な笑顔に中年オヤジは…(ry
通算一年間滞在した東南アジアの中では、1番陽気だと思います。英語が通じるので話しやすいというのもありますが。

でもフィリピン人には気遣いとか親日という印象はまったく残ってません…(゜゜)

本質的にフレンドリーなのは、やっぱり台湾人ですかね(*´ω`*)
それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)